USERDIVE for Apps

アプリ内でのユーザー行動を
完全に可視化

ネイティブアプリ利用者の行動を「ヒートマップ分析」
「動画分析」「導線分析」で分析します。

異なる解析ツールを組み合わせることでより効果的なアプリの改善を実現します。

アクセス解析ツール

目的:ユーザー数やセッション数、起動時間、継続率等を計測しアプリのアクセス分析・改善を行う。

Google Analytics

サイト内解析ツール

目的:特定画面内のタップ・閲覧時間等を分析してUIやコンテンツの改善を行うことで、アプリ内のCVR改善を行う。アプリ内のCVR向上を狙うならアプリ内分析は必須。

USERDIVE for Apps

以下の6つの機能を使い、ネイティブアプリでの課題を解決します。

  • 1動画分析

    動画分析

    アプリ内の実際のユーザー行動をありのままに可視化します。ユーザー一人ひとりが実際にどんな動きをしているかを定量的に判断することが可能です。

  • 2タップヒートマップ

    タップヒートマップ

    ユーザーが実際にタップしているポイントを明らかにするヒートマップです。デザイン課題の特定や廃止すべきコンテンツの発券に役立ちます。

  • 3スクロールヒートマップ

    スクロールヒートマップ

    ユーザーが閲覧している画面上のスクロール到達率を可視化し、しっかりとユーザー行動を分析することによって、効果的なページ作成を行なうことができます。

  • 4ルッキングヒートマップ

    ルッキングヒートマップ

    ユーザーがアプリ内でアクションしている時間を計測し可視化します。画面内の下部にあっても注目されているコンテンツを明確に判断することが可能です。

  • 5ページ内アクションレポート

    ページ内アクションレポート

    画面ごとの表示回数やセッション数、タップやスクロールなどの全てのアクションのサマリーを閲覧することができます。

  • 6導線分析

    導線分析

    CVのゴールページを設定することで、ユーザーの導線を可視化し、アプリ内のボトルネックや、ゴールデンルートを瞬時に洗い出をすることができます。


上記6つの機能にフィルター機能を掛け合わせることで、より詳細な分析ができます。

  • ヒートマップ

    CVしたユーザーや、ロイヤルカスタマーがどのような部分に注目している(よく機能を利用している)かを明らかにすることができます。

  • 導線分析

    CVしたユーザーが「どのルートを通ったか」を分析することで、強化するべきゴールデンルート、削除するべきルートを明らかにします。

  • 動画分析

    「CVしたユーザーはどう動いたか」逆に「CVしなかったユーザーはどう動いたか」の違いを動画で分析することで、離脱ポイントの課題を明らかにします。





製品の導入、料金等のお問い合わせは下記よりお待ちしております。

サービスについて問い合わせる